[酔中トーク②]キム・ジュンス "これから下がるだけだと思って」
入力2018.11.30 10:00 修正2018.11.30 13:20

無6ju181130題

ミュージカル俳優兼歌手キム・ジュンスを好きではない人は、することができても、彼のパフォーマンスを好まない人はいないだろう。 キム・ジュンスの魅力は、舞台の上で最も輝いている。 舞台で発散するエネルギーと特有の金切り声そしてバイブレーションで高音を涼しく張り上げる彼のパフォーマンスは、代替が不可能である。

彼舞台に、会場に戻る。 1年9ヶ月間の軍服務を終えて今月初め全域たキム・ジュンスは30日から12月2日までの三日間、蚕室室内体育館でカムバックコンサート「2018ウェイバックシアコンサート(WAY BACK XIA CONCERT)」を開く。 ミュージカル復帰作も決定した。 5年ぶりに再びミュージカル「エリザベート」に出演して「死」のキャラクターを演じる。 約2年間のブランクがあったが、チケットパワーは相変わらずだ。 単独コンサートもミュージカルも売り切れた。

除隊するやいなや休む暇なく忙しいキム・ジュンスが困難酔中トーク桁に着席した。 5年前に「エリザベート」の衣装が合うほど体重も顔もそのままなのに、彼の目つきと表情は変わっていた。 明るくなったし、より暖かくなった。

無7ju181130題

-約2年間の空白があった体重もそのままらしく、外観に変わったのが全くないと思います。
「しばらく前にリハーサルをした服のサイズが5年前にやらまったく同じですよ。体重を均等に保つことによって、グローバルなのはどうしても「エリザベート」の影響が大きいです。義経に過ごすときすごく太った。人生で一番高い数字を見ました。一度も見たことがない前席7文字を見た。驚いた。「エリザベート」は、特に私が引き受け「死」というキャラクターは絶対太ればいない。いくらもっともらしい動きをとって演技しても太ればそうは見えない役割であるため、その体重を均等化という考えには、グローバル4〜5ヶ月を残して管理ました。軍隊で太ったのは食べるのが落下だったからです。食べ隊員たちと話をするのが楽しかったですよ。そうしたら太った。全体の4〜5ヶ月を残して食事を調節して肉を抜いた。四分の一にようにありますが、単独ではない食べて、夜食のにおいを嗅ぐ 参考食べないのがどれだけ大変たのか分からない。」

-舞台が懐かしくていなかった。
「広報団と歌をたくさんした、おそらく歌を活動よりも多くしたんです。でもちょっと違いました。舞台を直接セットして、スピーカーを運ぶことまで直接ました。歌をいくらかっこよくても、観客の前で機械の分解して、マイクの線をくるくる巻いて整理する姿まで見せなければんですよ。昔は舞台で歌うことだけに集中した場合、軍隊に架線舞台をセッティングすること、舞台を準備することなどマネジャーやスタッフがしてくれた役割まで果たしつつ、本当に多くの助けを受けたガールもう一度感じましたよ。どうやらマイクや音響設備がミュージカル舞台や公演会場より劣悪ためだから成る舞台に上がったいという思いが切実た恋しかったよ。君で生じたニックネームが「トンソン」です。頭(スタイリング)をよくないマンジョヨ。私が直接私の頭に触れて舞台に上がって行くした社 それが一番大きなストレスでした。とてもできないんですよ。 "

-今回の単独公演で特別に準備したのは何ですか。
「入隊前に最後に公演した会場で再びカムバック公演をしてファンたちに会うことができるということだけでも、とても感謝して特別です。1年9ヶ月の間待ってくださったように、より汗と情熱を溶かし出すことができる舞台を準備しました元のアルバムコンサートをする時もバラードとダンスの割合が5対5だった今回は3対7です。ダンスがはるかに比重が大きいです。死なない30代、「特トゥクトゥク」の底力を見せてくれるでしょう。練習してきたとても大変長いしましたよ。(笑)みんなが笑うことができる幸せな公演になるように祈って、私もそうなるように努力するつもりです。笑いがわいわい出ることができる公演になるように願います。」

無8ju181130題

-ミュージカル復帰作「エリザベート」は完売になりました。 いつもの公演が売り切れたが、グローバルた後、完売されているのは印象が異なる場合だと思う。
「違います。完売にならないと思ったしない場合でも、スペースがあったから当然だろうと思いました。また、スペースを離れて、私は放送でアピールすることがありませんでしじゃないですか。私知らせることができる窓口があまりにないみると、今後当然下がるだけ残っていつも考えてきた。ミュージカルを見てファンになって歌手としては公演を見に来るファンはいるが、放送メディアを介して私知って私を好きにされている場合は、6年の間に、まったくなかったじゃないの。だから、下り坂を歩くのは当然だと思って生きてきたので、売り切れにこだわる害しませんでした。それまで受けた愛に感謝したことだと思って奇跡だと思うからです。今回完売したのを見て、より熱心にしなければと思いました。」

-なぜ下り坂を歩くという考えをするようにできています。
「初めて所属事務所を出てからそのような考えをするようになりましたよ。最近では、神秘主義がない食わ世代とより公開するべきなのに放送で私を見せてくれる機会がなかっでしょう。私は見せてくれるほどの放送窓口があった場合、今の状態を維持してもならないでしょう、それ最初からなかったから下落だけが残って思ったんです。」

-しかし、会場のサイズが小さくているか、ミュージカル交渉がない着信でもなく、むしろその逆じゃないか。
「たまに放送ができないし、感じられる周辺環境の変化があります。先日、ミュージカル「エリザベート」の練習をしてガンホンソク兄とご飯を食べに食堂に行った(川)紅石が型にだけサインを受けましたよ。ドラマを見てファンになったんですって。私の隣には立っていた。そんなことでも変化を感じます。 "

無9ju181130題

-ミュージカル俳優兼演技者であるガンホンソクさんといとこの姉が結婚しました。
「(ミュージカル俳優)チョン・ソナ姉が二人と親和して紹介させてくれた。いつも好きな型が家族になっていいですよ。また、親戚の中で一番親しかったいとこの姉と、親戚とはあまりにも身近な存在である姉ラング型が結婚して良い姉は学生時代に旅行も一緒に行って、私たちの家が大変だった時も横で手伝ってくれように遊んでそうしました。親戚の姉とはあまりにも近く、本当に姉のような存在なのに、二人結婚してたポトジョ」

-二人の姿を見ると、結婚したくないですか。
"(結婚)してシプギンています。いつというのではなく、時分からないいつかしたいとは思っています。」



 ブログランキングに参加中で~す  アイコン

             励みになりますので  このボタンを、ポチッとお願いします  
                       
  
スポンサーサイト
2018.11.30
コメント記入欄