記事入力2018.12.02日午後8:15記事原文
[ニュースではファン·ヘジン記者]

無170JU181202題

歌手のキムジュンスの転役コンサートが涙の海で終わった。 ファンの前で"空白期,気苦労をしたこと"を打ち明け,再び深いファンへの愛を示した。

キム·ジュンスは12月2日午後,ソウル松坡区蚕室室内体育館でカムバックコンサート"2018 WAY BACK XIA CONCERT"を開催し,ファンと会った。 今年11月,義務警察満期除隊後初めて開かれたキム·ジュンスの単独コンサートだったので,数千人のファンが集まって壮観を成した。

"OeO"で公演の砲門を華やかに開いたキム·ジュンスは"Tarantellegra","Fantasy","No reason","Out of Control","Set Me Free","綺麗だ"と"ウサギとカメ"、"奏"、"Uncommitted"、"FLP"などを熱唱し、2年の軍空白期が感じられない完璧なライブパフォーマンスを披露した。

特に,キムジュンスは,マルチアングル中継を活用した全長45メートルの高さ8メートルのLEDも設置し,遠距離の観客に細心の注意を払った。

キム·ジュンスは"Thank U for","Rock the world"でアンコール舞台にピリオドを打った。 キム·ジュンスは"皆さんのおかげでアンコール·ソング"を歌った。 今日楽しかったかな。 今日,私にこの公演自体も特別だが,この公演の最後のフィナーレも特別だ。 この瞬間を私が覚えたくて写真を撮りたい"と観客たちと一緒に団体写真を撮影した。

"皆さんのお陰で今回の公演の末にすべて来た。 エンディングするたびに,いつも"感謝する"という言葉を数多く伝えたが,今回のコンサートほどの感謝は,いつにも比べられないようだ。 実際,私は2年前にこの舞台でお別れをした. しかし,その2年という時間が思ったより漠然と感じられた"と話した。

無171JU181202題

続いて"実は,この舞台で本当にみなさんに会えなくなると思っていた。 でもどこでも本当に幸せになり,皆さんにお会いする気はあったけど,ただ,この舞台では二度と会えないと思った。 去る前に別れた所で再び皆さんに会ったら,可能でなかった奇跡が皆さんのお陰で実現する。 毎度,感謝の言葉も言葉だけで表現されないことなのに,また言葉だけで話すことが恥ずかしく,申し訳ない気持ちでいっぱいだ。 心より感謝する"と90度に頭を下げてあいさつした。

キム·ジュンスは"わたしが放送活動を行わなくなって7-8年になり,それから2年間軍隊に行って来たから9年という時間の間,まともな露出はなかった。 EBS"スペースへの共感"が舞台を通じて露出したのが正しい。 私は正直,芸能人らしくない。 放送をしないから私が感じるには芸能人ではない"とし"私が放送しないのに芸能人と呼ばれるのが正しいのかと思った。 僕がアルバムを出しても公正に競争しないし,放送舞台で歌を一度も歌えないのに。。 私を嫌う方たちやアンチ方々は,その結果だけで評価するから。 しかし,これは僕は大丈夫だ。 私は自分が選択する事で 裁判も勝ってすべて勝訴したのに,こんなに長い間放送できなくなるとは思わなかった"と目頭を赤くした。

キム·ジュンスは"内務班でテレビを見ているが,ある俳優とコメディアンの方々が出てきて,"10年間ブラックリストに載って放送できず,今になって放送することになった"と言っていた。 それを見る時,あまりにも応援をしたかった。 私はテレビ番組に出演しないことを知っている. 放送ができなかったと思わなかったり,やりたくないと思った。 そうではない。 せめて多様な芸能に出て私の話をしたい。 それまでは望まずに歌を歌った時,一度や二度でも私の歌を放送舞台で歌いたい。 1位は望んでもいない。 それがすべてなのにそれが本当に難しい。 もどかしくて急に涙がこぼれた。 自分のことで,自分の責任で,私は息苦しくても大丈夫なのに,ファンがもどかしくなりそうだ。 私の人生で初めてプライドが落ちた. 今年1月頃,"歌手をやめようか"と思った。 皆さんを苦しめるようだった"と本音を打ち明けた。

続けて"だからこそ"奏"という歌を思い浮かべた"とし"それでたくさん学んだ。 ひどく硬くなった. 弱いことを言うのではなく,硬くなったために言える話だ"と涙を流した。 また"私のために戦おうとしなくてもいい。 私はそれがとても難しい。 そうせずにさらに小さくなろうが成長しようが,私がいつもがんばって,頑張ります" 公演に来てくれたら,ずっと楽しみながら疎通しよう。 面白い話をずっとします。 感謝する"と付け加えた。

11月30日から12月2日までの3日間続いた公演を成功裏に終えたキム·ジュンスは12日,幕を上げる"エリザベット"を通じてミュージカル舞台にも復帰する。



 ブログランキングに参加中で~す  アイコン

             励みになりますので  このボタンを、ポチッとお願いします  
                       
  
スポンサーサイト
2018.12.02
コメント記入欄